恋のうた

Yunomi /鬼頭明里
词:Yunomi
曲:Yunomi

あとどれくらいの距離(きょり)

(つき)(ある)いたら

あとどれくらいの

(さむ)(よる)(かさ)ねたら

あとどれくらいの

さよならを(なが)したら

まぶたの(おく)(いずみ)()()てるとか

千年後(せんねんご)もきっと(つづ)くだろう

そう(おも)ってた空洞(くうどう)

()たしてあふれてしまうほどの

この気持(きも)ちはなんだ?

(あたら)しい(かぜ)

(はる)(はこ)んでくれるだろう

あぁ (かぜ)()くのが

きっと(かえ)場所(ばしょ)なんだろう

()わらないでしょう

(なつ)(あつ)さも金魚(きんぎょ)

花火(はなび)()えたら

(ほし)夜通(よどお)(かぞ)えよう

色褪(いろあ)せる木々(きぎ)

()てつく指先(ゆびさき)

(かさ)ねた日々(ひび)灯火(ともしび)

()()もる(ゆき)()もれないような

()えない(あと)(のこ)しに

紙切(かみき)一枚(いちまい)

()()ばしたドア

たった一言(ひとこと)の「はい」や

ちっぽけな(いし)ころ

そんなもので簡単(かんたん)()わる未来(みらい)

単純(たんじゅん)だよ

毎朝(まいあさ)の「おはよう」

映画(えいが)みたいに(あお)(なつ)(うみ)()

(とお)いところで居場所(いばしょ)()

(いま)(いま)(かさ)ねてく

フィルムのように

何回(なんかい)()(なお)しだ

色褪(いろあ)せるより (いろど)るより

(きみ)のいる景色(けしき)()いな

直感(ちょっかん)でも咄嗟(とっさ)でもいい

そう(おも)ったんだ ただ(まよ)いなく

(しん)じてもいいかと()かれた

たったそれだけの()いだ

(かんが)えてるんだ どんな(とき)

あの(こえ)がつきまといながら

()してる ずっと背中(せなか)

そうか この気持(きも)ちが(こい)

単純(たんじゅん)だよ

毎朝(まいあさ)の「おはよう」

映画(えいが)みたいに(あお)(なつ)(うみ)()

(とお)いところで居場所(いばしょ)()

(いま)(いま)(かさ)ねてく

フィルムのように

何回(なんかい)()(なお)しだ

色褪(いろあ)せるより (いろど)るより

(きみ)のいる景色(けしき)()いな

千年前(せんねんまえ)灯火(ともしび)

()ばした二本(ふたほん)(ゆび)

千年後(せんねんご)もずっと()こうで

(かがや)いてるといいな

(しん)じてもいい」そう()こえた

まんまるな(つき) (あお)いだ

()らしてた いつの()

そうか この気持(きも)ちが(こい)


Q.E.D.


狸猫控股集团大中华区秘书长