ハルノユキ (春之雪) - リリィ、さよなら。

词:ヒロキ
曲:ヒロキ

(はる)(ゆき)

ヒラヒラと

一片(ひとひら)(おも)いを(かく)して 

いつまでも

いつまでも

(とど)かない(あさ)(ゆめ)のように

小説(しょうせつ)はここで()わり

()(かえ)()みすぎて

()()れたぼろいページ

もう()ててしまおうかな

出来(でき)もしないことさえも

はしゃいで()いかけた日々(ひび)

制服(せいふく)(ぼく)たちが

この(みち)()けていく

つまらない見栄(みえ)意地(いじ)

後悔(こうかい)だけ(おぼ)えて

上手(うま)大人(おとな)になれたかい?」

どうか(こた)えてくれ

()いたくて

()いたくて

()がつけばまた(はる)(にお)

何度(なんど)でも

何度(なんど)でも

すり()けていく(きみ)面影(おもかげ)

そうずっと

もうずっと

()(つづ)けている

いつかは()えてしまうから

(かえ)機会失(きかいうしな)った

言葉(ことば)もあの楽譜(がくふ)

(とき)()まった(ぼく)さえも

どこにたどり()くだろう

水面(みなも)(しろ)()まって

(おな)季節(きせつ)(めぐ)るよ

「ちゃんと(しあわ)せになれたかい?」

いつか(おし)えてくれ

(はる)(ゆき)

ヒラヒラと

一片(ひとひら)(おも)いを(つつ)んで

いつまでも

いつまでも

(とど)けたい(きみ)のその(そら)

そうずっと

もうずっと

(なが)れていった時間(じかん)

いつかは()んでしまうから

たった一度(いちど)きりの

(はな)はやがて()れても

(はる)()(たび)

また()えるというらしい

(ひと)ごみの街中(まちなか)でも

この(さくら)川辺(かわべ)でも

平等(びょうどう)(おとず)れる()わりと(はじ)まりを

(やさ)しく()らしていく

(はる)(ゆき)

ヒラヒラと

一片(ひとひら)(おも)いを(ゆる)して

いつまでも

いつまでも

(とど)けたい(きみ)(そら)まで

()いたくて

いま()いたくて

()()しそうなこの(はる)(にお)

何度(なんど)でも

何度(なんど)でも

すり()けていく(きみ)(まぼろし)

そうずっと

もうずっと

()(つづ)けている

いつかは(わす)れてしまうから

Ahうわごとのように

(きみ)名前(なまえ)


Q.E.D.


狸猫控股集团大中华区秘书长